スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロメロその2

ちょっぴの成長から目が離せなくなってしまった・・・。
だって今度は
「パパ暗記したよ。」
だってさ。
まるで期末テストが終わったばかりのトモとカオの台詞のようだわ。
よく見ると顔と雰囲気はレイそっくり。
飼い主に似る???家族に???

あ~~~仕事しなきゃ。請求書書いてパパに渡さなきゃならんのに、仕事と称してこんなことしてちゃヤバすぎる。
スポンサーサイト

メロメロパーク

うちのメロのちょっぴ
一気に成長して大きくなりました。びっくり。
驚いたことに長い文章までしゃべっちゃうの!
「だれかとあそびたいなあ。」だって。
レイと仲良くなれそうなカンジ。3歳くらいかしら。
全然お友達を作ってあげてないからちょっとがんばらなダメですね。ガンバリマス。

高校時代のおともだち

木曜日には高校時代の友人ふたりとランチ。
こうして会うのは何年ぶり?友人たちより早く結婚、出産をし、離婚、再婚、出産と、ちょっとフツウではない生き方をしてた私は友達とも疎遠になっていた。やっぱりどっかかっこ悪いって思ってたんだろうな。
病気がわかったとき。もしかして死んでしまうのかと思うと、ふたりに会いたかった。でも「もう死んじゃうかもしれないから会いに来て!」なんて電話はできないもの。
だけどこんな田舎のこと、私の病気の話は彼女たちの耳に入り連絡をくれた。すごく心配してくれてたんだって。な~んだ甘えりゃよかった。今まで私ちょっと肩肘張りすぎてたよ。
おふたりさん。また会おうね。
甘えすぎたら怒られるか<(;~▽~)

友達

先週は久しぶりの忙しい1週間だった。
思い返してみれば、2月に入院、検査、手術→3月に退院してからはなるべく無理をしないようにと、あまり予定を入れないようにしていた。先週は火曜日から金曜日まで毎日お出掛け。さすがにちょっと疲れた。気をつけなきゃ。

火曜日に会ったおともだち。
息子の幼稚園時代のお友達ママ。
学校が違うので卒園以来会うことはなかったけど、中学になり彼もテニス部なので試合会場で再会。
幼稚園ママ時代は特に親しかったわけではない。年齢も私より上の方なので、私は勝手に近寄りがたく感じてた。うちが母子家庭だから余計にそう思ったのかな。だって彼女は幸せいっぱいに見えたから。
彼女とランチなんて昔もなかったからはじめて。だけど、なんだかこの人と話したいって思った。どうしてだろう。病気のこと話したかった。
彼女が抱える息子さんの悩み。私の病気のこと。それぞれの夫婦のこと。
次から次へと言葉がとまらない。話すことで癒されていった。うれしかった。私をわかってくれる人がいるって思うと心強い。

彼女にとっても私の存在が少しでもプラスになったらいいな。

検査結果

先日受けた検査の結果を聞きに病院に行ってきた。
結果は  。

ここしばらく背中が痛く、病気がわかったときの痛さと似た感じだったからもうだめかって思ってた。だから病院に行くのが怖くて怖くて仕方なかった。

診察室に呼ばれて入るとS医師が神妙な顔している。
「さあ、検査の結果を聞きに来たんだっけ。」
と、CTのフィルムの袋をガサガサ。
フィルムを出すまでが長い長い。
みのもんたじゃないんだからさあ、早く言ってよ。
「おぉ。異常なしって書いてあるねぇ~。」
「えっ。やった~!」
うれしい。でもまだ血液検査の結果もある。
「おぉ。こっちもいいねぇ。」
「ホントっ??やった~。」
幸せな瞬間。
3ヵ月後の採血と、CTの予約を入れて診察室を後にした。

「よかったな。よかったな。」
と、パパうれしそう。
異常なしって言われたときパパはガッツポーズしたんだって。

私は背中や腹部の痛みが気になって再発したと思ってたから、うれしくって頭の中がぐちゃぐちゃだったよ。

すぐに家に電話して母に伝える。電話の向こうは涙声に聞こえた。
そして、祖母の看病のため実家の沖縄に行っている義母にも電話。夫から病院に行ってることを聞いていて心配していてくれた。

心配してくれてる友達にもメール。

私にはたくさんの人が付いていてくれるから大丈夫かなって思った。

でも悲しいことがひとつ。同じ病室に入院していた40代のお姉さんが、病状悪化で緊急入院した。会いたかったけど、動けなくてオムツをしている状態だから元気になってから会いたいってメールが来た。
高校生と小学生の息子さんがいる現役のおかあさん。病気にならなかったら、仕事に、家庭にと飛び回ってたはず。おしゃれもいっぱいしてるはず。
元気になって欲しい。必ず。

レイ作パパのかお

20050613133309
近くのスーパーに行ったら、園児の描いたおとうさんの顔の絵を展示してました。
そういえば描いたってお便りに書いてあったな~と探してみると、ありましたありました。
思ってたよりうまい(^ー^)
すごい(^O^)v
早速パパにメールしておきました。親バカパパは「うまいよな~」と感動しまくり。
バババカおばあちゃんは「3才なったばかりでこんなに描けるなんてすごい」
と言ってるし、多分トモ、カオも同じ事を言うであろう。
こんなにもバカになってくれるヒトがいるって、レイは幸せだと思わなあかんよ~。

息子・・・14歳

最近トモ(中3)が、末っ子レイ(3歳)にとてもきつい口調で怒ったりするのが気になっていた。「あっちいけ」「やめろ」「触るな」など。確かにレイは活発でちょろちょろするしイタズラもする。はっきり言ってうっとうしいだろうとは思う。だけどそれにしてもひどすぎた。注意はしていたけど、なかなか改善されなかった。
そして昨夜ついにパパが切れた。
「おまえはいちいち何ガーガー言っとるんじゃ~!」
私は他の部屋にいたから様子はわからないけど、パパが子供にあんなにも大きな声で怒鳴ったのは初めてだった。怖かった。
そのあとは二人ともそれぞれの部屋に戻っていったけど、男同士ってねちねちあとに引かないからすごいなんてそんなときに思ってしまった。

パパが怒ったのは、レイとのことだけではなくて、最近ブスッっとしていることが多く、返事をしなかったり、おばあちゃんに反抗的だったり、後輩にも横柄な態度だったり、生活態度も悪くなっていたから。
我が家で一番の弱者であるレイとおばあちゃんに当たってるように見えたから。

パパからは「ママが言わないから我慢してた。」って言われた。
ちょこちょこ注意してたつもりではいたけど、よく考えてみたら最近トモになんか変に気を使うっていうか、機嫌損ねないようにしたいって思いがあったような気がする。
自分よりも10センチも背が高くなってしまった息子。
学校の仲間や部活のことで悩んだり落ち込んでたりしてたから、どこか腫れ物に触るみたいになってたかな。正直どう接していいかわかんなかった。

今日、ふたりで話した。
いろんな話をした。


人からなにかイヤなこと言われるとすごく傷付くくせに、自分が人を傷付けた一言は覚えてないし、傷つけた自覚さえない。
トモの今の立場は後輩だった去年までとは違う。
3年生であり、部活ではキャプテン。水泳のチームではリーダー的存在でもある。
自分が思っている以上に、きっと後輩たちは自分のこと見ているよ。トモのひと言ひと言に喜んだり、笑ったり、だけど悲しんだり、苦しんだりしてるかもしれないよ。
無理にいい先輩であれとは言わない。だけど、本当のトモのよさを出して欲しい。

私はそんなメッセージを贈った。

トモの返事は
「本当の俺って、どういう俺?」
そうだね。ぜ~んぶがトモなんだよね。

だけどおかあさんだって、いっぱいみんなを傷付けてるんだろうな・・・。
ちっちゃいレイはいつも私を見てる。疲れたり、不快な気分でいると、
「ママ、変なお顔しないで。」
ってすぐ言われちゃう。
ママの変なお顔を見ると、レイは不安になるんだね。
トモにはきつく言っちゃったけど、ママも気をつけなきゃ。

ちっちゃいレイにばかり気を取られすぎで、上ふたりとはゆっくり会話することも減ってきてた。
大きい子たちほど、ゆっくり話す時間を持つようにしよう。

パパが血のつながらないトモに落としてくれたバクダン。トモはびっくりしてたけど、ちょっとうれしかったみたい。
パパ、バクダンありがとね。
でも、怖かったよ~~。

虫歯治りました

今日でレイの虫歯の治療が終わりました。
診察室に呼ばれて中に入ると、レイは診察台で横になってヘッドフォンをしてアニメを見ていました。なんだかとってもくつろいでる感じ。
「ぜ~~んぜん泣かなくておりこうさんでした。」と衛生士さん。
虫歯の部分を削っても泣かなかったので、予定よりも治療が早くできたみたい。
3人兄妹の中で一番のやんちゃ姫だけど、なにがなにが意外とやってくれます。
でも、アニメに見入っていて診察台から降りようとしないのには困りましたけど。
思ったよりも簡単に治療を終えることが出来てほっとしました。
次回は4ヵ月後に定期健診です。

ステップファミリー

私が前夫と離婚したのは12年前。長男2歳、長女8ヶ月の時でした。転職ばかりの夫が、仕事がいやになるたびに家出を繰り返したのが原因です。この父親を見て育ったら子供たちもこうなってしまう・・・。と離婚を決断しました。どうしてこんなに簡単に愛した人を嫌いになっちゃうんでしょうね。

パパ(現夫)と出会った時には長男5年生、長女3年生になってました。
再婚なんてすることはないと決め込んでいた私。子供に父親がいなくても何不自由させないぞ!と強がっていた私。
パパはそんな私に私も甘えられる場所を与えてくれた。そして子供までも受け入れてくれました。

なんと出会って4ヶ月でのスピード結婚。結婚というより、子供たちのパパになるべく彼は我が家にきてくれました。
私、トモ、カオ、おばあちゃん(私の母)の家族に、パパが加わったのが、4年前のことです。

そして3年前、私とパパの間に赤ちゃんが生まれました。
パパと、血のつながらないトモ、カオを結ぶみんなの宝物。レイの誕生です。

検査の日

今日は3ヶ月に1回の検査の日でした。
子供ではなくて私がです。
今年の1月に異常がわかり、3月に手術をしたんです。病名は文字にする勇気がないからまだ書けない・・・。
手術は成功しましたがこれからが勝負。定期的にCTと血液検査を受けて様子を見ていくことになりました。
久しぶりに行った病院は、生まれてはじめて死と向き合った日々を思い出し落ち着きませんでした。今日の結果はまた今度。

家で子供たちといると病気のことは忘れていて、入院したこと、手術したことが夢だったような気がしてきます。
でも夢じゃないんだなって思うと涙が出ます。

ずっとずっと子供たちと一緒に暮らしたい。
子供たちの悲しい顔は見たくない。

前向きに生きていこうって誓ったけど、でも 涙が出てきます。
とっても怖いんです。

歯医者さんに行って来たよ

レイの虫歯の治療のために歯医者さん通いが始まりました。
前から気にはなってたんだけど、なかなか連れて行く根性がなくて・・・。だって 泣くでしょ、叫ぶでしょ、暴れるでしょ・・・。←歯医者のイメージ+上の子の経験より

上の子供たちも小さいときに通っていた小児専門の歯科に行ってきました。
診察室には子供だけが入り、おもちゃやぬりえで遊んで診察室の雰囲気に慣れてから診察が始まります。中にはかわいいぬいぐるみが飾ってあり、子供の好きなアニメのビデオも流れていて子供たちがイヤにならないようにと工夫がしてあります。

待合室で待っている間、子供の泣き声が聞こえるたびにわが子ではないかとドキドキ。でもおよそ1時間後、親の心配をよそにニコニコご機嫌で診察室から出てきました。
治療が嫌いにならないように まずはフッソ塗布とサホライドだけをしたとのこと。慣れてきたら肝心の虫歯の治療に入るそうです。
そして一度も泣かずにがんばったとのこと。
さすが3歳。やったね レイちゃん。

でも、次の虫歯削るのは泣くんだろうな。。。

 レイの今日の戦利品。 
お誕生日のプレゼントを先生からいただきました。レイがえらんだのは サングラス。
20050601151734s.jpg

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05 07
プロフィール

ぷかぷか

  • Author:ぷかぷか
  • 長男(大2)、長女(高3)、チビ(次女・小2)

    さあさあまた受験生がひとり。
    勉強頑張れ。母さんは資金繰り頑張るから・・・。

    膵臓がんから5年経過しました。
    このまま乗り切れるのかなって期待が高まる今日この頃。
    闘病記はこちら。

     あしたも笑顔で
最近の記事+コメント
カレンダー
05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。