スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなことが起きるなんて

昨日の午後、上空を数機のヘリコプターが旋回していた。
こんな田舎で沢山のヘリコプターを見ることは滅多にない。
街を歩く人たちは皆不安顔で上空を見上げている。
なにかが起きたのか?急いで家に帰ってテレビをつけて愕然とした。

画面には、見慣れた風景が映し出されている。
毎日のように車で通り過ぎるパチンコ屋の廃屋。
いつもいくショッピングセンター。

そして、うちの娘と同じ年の女の子が殺害されたという話。

泣きじゃくる生徒たちの映像で、うちの子の学校ではないことを確認し安心はしたが、近くの学校の子だ。他人事ではない。

バタバタとヘリコプターの飛び交う音で余計に不安は増すばかり。

迎えに行こうとしていると、近所の方に送ってきてもらったと、玄関に飛び込むように娘が帰ってきた。

学校の先生からは、帰宅の確認をする電話がかかってきた。

必要のない外出はしないようにと、市役所の広報車が言ってまわっている。

この田舎町でこんな光景を目にするとは、想像すらしたことがなかった。

娘の携帯に、次々とメールが入ってきて、
『○×ちゃんって子知ってる子?』
『ううん、知らない。』
『よかった・・・』
そんなやりとりが続いていた。

学校も違うし、知った子でもなかったが、それはたまたま違っていたと言うだけのこと。
娘も私もとても動揺してしまった。

テレビで見ているニュースも、いつもは遠いどこかの話だと思っていたから。
こんな田舎ではそんな出来事はないと思っていたから。
隣近所の付き合いも多く、誰でもが知り合いのようなこの田舎では、そんな事件が起きるはずはないと思っていたから。

学校や講演会で聞いたことを思い出した。

『シンナーも覚せい剤も、少年犯罪は都会だけの話ではありません。
 今は全国どこでも同じです。』

そうは言っても、私の町は大丈夫だと思っていた。
きっと皆が、子供たちも、私たち大人も、そして教師の方たちも思っていただろう。


そして、もっとショッキングなニュースが入ったのが、今朝5時。
逮捕されたのは15歳の少年だった。

息子と同じ年ということに、本当にショックだった。


娘も息子も、犯人はどこかからやってきた悪い大人の人だと決め付けていた。
そう思っていたかった。


これが、この時代の現実だというのか。

『最初から殺すつもりだった。』
と少年は言っているという。

どうしてそういう考えになってしまったの?


これから、子供を取り巻く環境をもっともっと考えていかなければならない。
廃墟と化したパチンコ屋を不気味だとは思っていた。
誰もがそう思っていたはず。
市内にはほかにも廃墟と化してしまった大型施設がある。
子供たちははじめは面白半分に入ってみたのだろう。
そんな隠れ家があったらきっとおもしろくなってしまうとおもう。

子供に悪いことをするなということも大事だろうけれど、悪いことが出来ない環境を作っていくのが大人の役目だと思う。


どこか遠い世界の話ではなく、どこにでもいる普通の中学生と高校生の話だった。

だから、これを読んでくれている皆さんも、子供さんのことをよくみて、会話をたくさんして、子供を守っていきましょう。

だって、まさかそんなこと起こるはずがないことが私の近くで起きたのだから。

スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィール

ぷかぷか

  • Author:ぷかぷか
  • 長男(大2)、長女(高3)、チビ(次女・小2)

    さあさあまた受験生がひとり。
    勉強頑張れ。母さんは資金繰り頑張るから・・・。

    膵臓がんから5年経過しました。
    このまま乗り切れるのかなって期待が高まる今日この頃。
    闘病記はこちら。

     あしたも笑顔で
最近の記事+コメント
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。